漫画喫茶やシャレオツ系カフェに押され気味な純喫茶の魅力に迫ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/09/01(水)   CATEGORY: 東京/豊島区
推薦店◆東京・巣鴨「coffee house スカイ」
vol.073 東京・巣鴨「coffee house スカイ
---------SPECIAL_PUSH!! ----------

仕事で一時期、よく巣鴨に行っていた。
「おばあちゃんの原宿」と知られるこの街には、
観光地が故に商売っ気のある喫茶店が多くある一方
時間が止まったノスタルジックな店もちょこちょこ埋もれている。

R0018859.jpg
R0018860.jpg
こんな感じの。

R0018862.jpg
なんか、すっごくおいしそう。


「中はどんなんかなー」と思い、
抜きあし差しあし、そろそろと階段を降りる。
R0018863.jpg
R0018864.jpg
このデコレーション具合…
地元のちっちゃな遊園地のお化け屋敷を思い出してもた。

で、ドアのガラス越しに客席の様子を覗こうと思ったら、
店員のおじさんと目が合ってしまい、
気まずい感じで、しかし何事もなかったかのようなフリをしてにゅうてーん。

R0018879.jpg
R0018868.jpg
R0018880.jpg
お、おおおおお!
ゴブラン織りのゴージャスな椅子と
麻雀ゲームテーブルによる、組み合わせの妙。
ゲーム卓は全部で5台くらいが絶賛稼働中。
アットホームな出で立ちだが、意外といいんでねぇか、ここ?


R0018871.jpg
現役のゲームテーブル
ボタンの色使いがちょっぴりファンシー。


R0018876.jpg
向かいの宅のお客はおばあちゃん。
小一時間、ずっとゲームしてました。
麻雀かどうかはわからないけど、かなりの常連さんと見た。

R0018874.jpg
R0018878.jpg
アイスコーヒーを頼んでみる。
で、雰囲気に流されて、私も一回だけ麻雀に挑戦。
が、ドンジャラくらいの知識しかないので、あえなく玉砕。

ちえーっと思っていると、なんか視線を感じる…。
ふと横を向くと……
R0018867.jpg
ぎゃーっ、ぬらりひょん!!!!!!!!!!!
しかもこっちを捕まえようとまでしてる…!(白目)

お店の名前を良く見たら『スカイ』さんだったので、
このスカイダイビングぬらりひょんが描かれていたわけですね。
うーん、それにしてもビックリ。

そんなこんなで、いい意味で手作り感溢れる
ちょっとビックリな遊園地みたいな喫茶店なのでした。
ちなみに、お店のお兄ちゃんとオジさんはすごくいい人でした。

R0018881.jpg

今度は麻雀覚えてからこよーっと。


■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:各線巣鴨駅 徒歩5分)
・居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★★
・お味(アイスコーヒー)……★★★☆☆
・カオス度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……93%

■ お店データ/東京都豊島区巣鴨3-21-16
        03-3917-8355
       10:00~19:30
       巣鴨地蔵通り商店街HP
■メニュー抜粋/ブレンド:400円 
        モーニングサービス/トースト:30円
        ナポリタン:650円
                     他
[ TB*1 | CO*1 ] page top
DATE: 2010/08/26(木)   CATEGORY: 東京/台東区
東京・浅草「待合室」
vol.072 東京・浅草待合室
R0018446.jpg

前ブログに書いた「アンヂェラス」のほど近く、
昼間から飲める天国のようなストリート、「屋台通り」の入り口にある喫茶店。
店内は意外と広く、その印象は古き良き、それでいて主張しすぎず。
メニューは飲み物のほか、フード系も盛りだくさんで、
駅近くの落ち着いた喫茶店、といった印象でした。

客層は、近くにJRAがあるためか競馬新聞を持ったおじさまたちと
ファミリー、打ち合わせ風、カップルとさまざま。
このファミレスノリ、嫌いじゃないぜ!

昭和40年くらいから続けているこの店、
月イチくらいの割合で芸人や踊り子、弾き語り等のライブもあるらしい。

壁に貼られた福丸大吉西田敏行)と綾小路きみまろの色紙もいい味出してます。



■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★☆☆(最寄り:各線浅草駅 徒歩5分)
・居心地の良さ……★★★★☆
・また行きたい度……★★★☆☆
・お味(ピラフセット)……★★★☆☆
・下町全開度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……76%

■お店データ/東京都台東区浅草2-4-3
       03-3841-1214

■メニュー抜粋/コーヒー:550円 
        ミックスジュース:700円  
        ナポリタン:800円

R0018469.jpg
R0018451.jpg
R0018455.jpg
R0018462.jpg
R0018465.jpg
R0018459.jpg
R0018475.jpg




[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/08/23(月)   CATEGORY: 関西エリア
奈良・奈良市「奈良ホテル ティーラウンジ」
vol.071 奈良・奈良市「奈良ホテル ティーラウンジ」
R0018355.jpg


「大阪の食い倒れ、京都の着倒れ、奈良の寝倒れ」とはよく言った話で
我が地元、奈良は観光(大仏、鹿、寺)でなんとか生きながらえているわりには
おいしい名物がない、とよく言われている。
奈良漬けや茶粥、柿の葉寿司などなど実は探してみるとあるんだけど
「清貧」「堅実」な奈良人がゆえのものばかり。
もしくは、鹿モチーフのサブレか、名菓「御神鹿のふん」か…。

そんな地味めな印象が強い土地ですが
ちゃんと文系女子の血湧き肉踊らせるスポットだってちゃんとあるのです。
それが、奈良ホテル
明治・大正時代を彷彿とさせる
ここは明治42年に「関西の迎賓館」と呼ばれてきた皇室御用達の高級ホテルで
過去にはアインシュタインやオードリヘップバーンなんかも宿泊。
現在も一泊35,000円~350,000円。奈良人にとっては憧れのホテルなのであります。

「そんな高いとこ、よう行かん」という方々、ご安心あれ。
何も宿泊しなくても、奈良ホテルのレストランに行けば
その雅を味わうことができます。

で、今回行ったのは、レストランに併設されたティーラウンジ&バー「THE BAR」。
宮廷を思わせる日本庭園を一望しながらのコーヒーを飲むと
アッパークラスの住人になった気さえしてきます。
給仕のお姉さんたちの制服もかわいくて
和と洋が絶妙にミックスされた空間も素敵で
あー、もうここの家のコになりたい…。

ちなみに夜のバータイム(@THE BAR)も最高です。
めちゃめちゃロマンチックなオリジナルカクテルから
ベルギービール、ドイツビールまで素敵なラインナップ。
カップルなんかで行くと最強です。

最寄り駅からは少し歩きますが
奈良公園興福寺を見ながらなのであんまり苦にならないかも。
緑に囲まれた最強に静かな立地は、行く価値がありますよ。

追伸:写真を撮ったのは2009年、「奈良ホテル100周年記念」のとき。
コースターまで鹿で最強にラブリーでした。



■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★☆☆☆(最寄り:近鉄奈良駅 徒歩15分/車8分)
・居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★★
・お味(ケーキセット)……★★★★☆
・本気セレブリティ度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……90%


■ お店データ/奈良市高畑町1096
       0742-26-3300
      8:30~18:30(ティーラウンジ)/18:00~23:00(「THE BAR」)
      (不定休)公式HP


■メニュー抜粋/珈琲:945円 
       ケーキセット:1,501円~  
       ビール:808円~
                      他
R0018337.jpg
R0018338.jpg
R0018345.jpg
R0018344.jpg
R0018343.jpg
R0018351.jpg
R0018349.jpg
R0018352.jpg






[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/08/18(水)   CATEGORY: 関西エリア
大阪・難波「喫茶 馬やど」
vol.070 大阪・難波喫茶 馬やど
R0018331.jpg


久々の更新でございます。
サボっていた…まさにその通りです。
いつも覗いてくださっている方々、ホントすんません。
もう、できもしないことを「する!」だなんて声高らかに宣誓なんてしません。
これからは、できるときにぽちぽち更新するんだ…。

最近はもちろん喫茶店にも行ってるんですが
ソフトドリンクよりも
せんべろ」的な立ち飲み屋にハマってしまいまして…。
こちらも、いつかご紹介できたらいいのですけれど。

今回は大阪にある喫茶店「馬やど」。
関西人ならよくご存知であろう地下街「なんなんタウン」の
ど真ん中にある喫茶店です。
なんだか最近は地上に東京から進出してきた
マルイのクソでかいビルが建っていますが
この「なんなんタウン」は今だ昭和臭がプンプン。

この「馬やど」さんも、いい感じに昭和な物件。
馬やどなだけあって、店内は馬にまつわるグッズがたくさんで
なんだか遊園地のアトラクションを彷彿とさせました。

ところで、「なんなんタウン」の「なんなん」って
難波】の「なん」なのか、
南海電車】の「なん」なのか、どっちなんだろう…。

教えて、エラい人!

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★★(最寄り:各線なんば駅 徒歩3分)
・居心地の良さ……★★★★☆
・また行きたい度……★★★★★
・お味(クリームコーヒー)……★★★☆☆
・昼間から競馬新聞度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……82%


■ お店データ/大阪府大阪市中央区難波5丁目 NANBAなんなんタウン
        06-6643-6163
        7:30~22:00(不定休/なんなんタウンに準ずる)
        公式HP

■メニュー抜粋/ブレンドコーヒー:380円 
        モーニングA:500円  
        フルーツフラッペ:780円
                      他

R0018330.jpg
R0018329.jpg
R0018295_20100818224100.jpg
R0018304_20100818224058.jpg
R0018306_20100818224055.jpg
R0018316.jpg
R0018318.jpg
R0018309_20100818224045.jpg
R0018313.jpg




[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2010/04/28(水)   CATEGORY: 関東エリア
木更津「coffee house ラビン」
vol.069 千葉・木更津「coffee house ラビン

IMG_0711.jpg

木更津と言ったら『木更津キャッツアイ』だし、
さぞ素敵な喫茶店があるに違いない!!」
そう思って出張(というか出稼ぎ)を終えたある日の夕方。
やっぱりあった。ネオンバリバリの素敵な店が。

名前は「ラビン」。木更津駅東口を出てすぐ
ロータリーの中にある。
ロゴは馬車と紳士のよなモティーフで
この渋具合はなんとも泣かせやがる!

飯田橋「白ゆり」や、新宿「西武」、西新井「シルビア」、北千住「サンローゼ」のように
場所はパチンコ屋の2階で、広々としたフロアが特徴的。
わき道にそれて純喫茶。エムケイさんのご指摘通り!)
閉店前の夕御飯時だったからか、他にはあまりお客さんの姿はなく
おしゃべりに花を咲かせるオバサマのペアと
スーツ姿のサラリーマンが2人。
しばらく座っていると、かわいい文系メガネ女子の店員さんが
注文を取りにきてくれた。
(とってもカワイイ感じの人で好感度大!)
いつものごとくアイスコーヒーを注文。

擬音語で表せば「うんにゃあぁぁぁ~」って感じに
花とツタが絡まったデザインの机やら
よく手入れされていそうなベルベットの椅子だとか
個室形式の完全外部の音遮断型ピンクな電話とか
トイレに座ると真っ正面に鎮座する馬の生首フックとか
古き良き駅前の喫茶店が見事に残っていたことに感謝したいです。

話は変わるのだけど、ラビンに入る前に
反対側の西口をブラブラと歩いてみた。
大型商業施設「AQUA木更津」でものぞいてみようかと。
……ら、近づくにつれ違和感を感じ始めた。
照明がついていない。入り口が空いていない。張り紙がペタペタ貼っている。
建物自体はすごく大きいのに、動いていない。不気味なのだ。
近づいて張り紙を読んでみると「リニューアルのお知らせ」。
《捨てられた街》という言葉が頭をよぎった。

都内に戻って調べてみると、アクア木更津の前身は
1988年3月に木更津そごうをキーテナントへ迎えてオープンしたのだそう。
だがそごうが経営破綻により撤退、次のキーテナントのマルエイもまた閉店。
そしてビルの管理・運営を委託されていた会社も2009年に倒産……。
地方都市の暗い一面を見た気がした。

でも、このラビンのように駅前一等地で長年頑張っている店を見ると
本当に応援したくなる。
木更津に行った際は、ぜひラビンに!!

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★★(最寄り:JR木更津駅 徒歩0分)
・居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★★
・お味(アイスコーヒー)……★★★☆☆
・木更津市民憩いの場度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……96%


■ お店データ/千葉県木更津市東中央1-1-11-2F
        0438-23-3223

■メニュー抜粋/ブレンドコーヒー:400円 
        ミックス生ジュース:500円  
        ケーキセット:600円
                      他


IMG_0712.jpg
IMG_0714.jpg
IMG_0720.jpg

IMG_0717.jpg
IMG_0739.jpg
IMG_0747.jpg
IMG_0731.jpg
IMG_0746.jpg
IMG_0726.jpg
IMG_0729.jpg



[ TB*0 | CO*6 ] page top
DATE: 2010/04/07(水)   CATEGORY: 東京/千代田区
神田「名曲喫茶Park 神田 白十字」
vol.068 東京・神田名曲喫茶Park 神田 白十字

IMG_0750.jpg

神田神保町といえば本の街、
そして神田神保町といえば渋い喫茶店の激戦区でもある。
そんな場所で約60年間営業し続けている名店中の名店。
読み方は「しろじゅうじ」ではなく「はくじゅうじ」らしい。
まるで教会のような外観で、中はほどよく重厚でゴージャス。
二階建てだが、基本的に団体客以外は一階に通される。

まわりは大学が多いので
学生でにぎわっているのかと思いきや
ほとんどひとりで静かに本を読んでいるお客さんが多数。
この界隈には出版社が多いので、その関係者もきっと多いのだろう。

名曲喫茶」といえば渋谷の『ライオン』が代表格だけど
こちらの「名曲喫茶」はやや控えめ。
ライオンとは違い、談笑してもとがめられなさそうです。


■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:JR水道橋駅 徒歩5分)
・居心地の良さ……★★★★☆
・また行きたい度……★★★★☆
・お味(アイスコーヒー)……★★☆☆☆
神田といえばココ度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……92%


■ お店データ/千代田区西神田2-1-3
        03-3261-7094
        9:00~22:30
       (無休)

■メニュー抜粋/オリジナルブレンド:400円 
       ハッシュドビーフセット:850円  
       フルーツパフェ:700円
                      他

IMG_0751.jpg
IMG_0757.jpg
IMG_0758.jpg
IMG_0762.jpg
IMG_0772.jpg
IMG_0766.jpg
IMG_0769.jpg
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2010/03/05(金)   CATEGORY: 東京/千代田区
推薦店◆東京・浅草「アンヂェラス」
vol.067 東京・浅草アンヂェラス
---------SPECIAL_PUSH!! ----------

浅草はおノボリさんとじじばばの街、だなんて思ってませんか?
実はここに、全純喫茶好き文系女子の聖地とも言える店があるのです。

どーん。
P1110810.jpg
オレンジ通りに面するこの店の名は『アンヂェラス』。
浅草に行ったらアンヂェラスのお茶とケーキ」と言われるほど
地元を代表する有名店で、かの川端康成池波正太郎手塚治虫もこよなく通ったとされる。

P1110811.jpg
絶妙な看板のカラーリング。

P1110815.jpg
食品サンプル群。店名のフォントが超キュート。

休日に行ったからか、お店の入り口には既に若干の行列が。
芝居帰りのおばさまや、浅草観光がてら寄った風のカップルがいっぱい。
が、以外にもすぐ店内に入れた。

P1110816.jpg
入ってすぐの1Fカウンター。おいしそうなケーキがいっぱい!
わくわくしながら2F席に案内される。
P1110844.jpg
お土産用にケーキを買い求めるお客さんもけっこういた。

P1110847.jpg
P1110845.jpg
年期の入った、落ち着いた佇まいの渋い階段をのぼる。
パーテーションの柄までカッコいい。

2F到着。吹き抜け風の作りになっているのでヌケがいい。
P1110843.jpg
おどろいたことに3Fへ続く階段もあった。
そしてその下のスペースにもテーブルが。
まるでダンジョンのようだ。
P1110842.jpg

2F席はこんな感じ。
こじんまりとはしているが、狭いといった感じは特にしない。
アーチ風の天井がとっても特徴的。
P1110825.jpg
P1110820.jpg
木のぬくもりとでも言うのか、
店内は家具メーカーで言えば「天童」的な
決して派手ではないけれど、安心感がありぽってりとした印象。
チロルな山小屋テイストもちょっと加わっていて
東亜』のデカイバージョン、といった感じか。
なんか竹久夢二が描いた美人がコーヒー飲んでそう。

注文は、なんといっても「梅ダッチコーヒー」!
ダッチコーヒー(アイスコーヒー)に梅酒を入れて飲むという
神仏習合的ハイカラな飲みものなのです。
で、ケーキは店名を冠にいただいた「アンヂェラス」……
といきたいところだけど、ここは入店時に食品サンプルを見て
一目惚れした「フルーツポンチ」を。
連れはコーヒーとモンブランを無難に注文。臆病者め!

で、キターーーーーーーーーーーーー!
こちらが「梅ダッチコーヒー」。
基本は普通のアイスコーヒーなのだが、
途中で一緒についてきた梅の実と梅酒を入れつつ
味をお好みで変えて飲むというスーパーハイテックなコーヒー。
味は……うまい。が、コーヒーとは違う未知の味。
P1110828.jpg

そして今日の目玉のフルーツポンチ
赤、緑、白、黒の4色ゼリーと、その下には缶詰のパインや桃がわんさか。
ちなみにゼリーはイチゴ、メロン、カルピス、コーヒーのゼリーだそう。
めちゃ豪華! 何とも懐かしいビジュアルじゃないですか!!
写真が悪くて、このレトロサイケデリックな色みを再現できないのが残念……
P1110836.jpg
P1110827.jpg

ダッチコーヒーでお腹がけっこうタプタプになり、
フルーツポンチでさらにタプタプ。
このゼリー、けっこうなボリュームなのだ。
P1110840.jpg
缶詰シロップっぽい液体、残しちゃってごめんなさい……

他にもミルクセーキやプリンアラモード、ケーキはサバリンなど約30種類。
懐かしいメニューに出会えること間違いナシ。



■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★☆☆(最寄り:各線浅草駅 徒歩5分)
・居心地の良さ……★★★★☆
・また行きたい度……★★★★★
・お味(ダッチコーヒーフルーツポンチ)……★★★★☆
・下町の老舗度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……91%

■ お店データ/東京都台東区浅草1-17-6
        03-3841-9761
       10:00~21:30(月曜定休)
       公式HP
■メニュー抜粋/ダッチコーヒー:578円 
        アンヂェラス:294円
        フルーツポンチ:683円
                     他








[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 純喫茶劇場. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。