漫画喫茶やシャレオツ系カフェに押され気味な純喫茶の魅力に迫ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/01/14(月)   CATEGORY: 東京/台東区
浅草「コーヒーショップ ペガサス」
vol.042 東京・浅草「コーヒーショップ ペガサス
R0013914.jpg

浅草国際通りに面する喫茶店。
正面の飛躍するペガサスにヤられながらも、
恐る恐る中へと入る。

中は、テーブルが10席ほどが
うなぎの寝床のように並べられている。
そして、いちばん奥の大型テレビには
競馬中継が大写しに。

よく見れば、客たちは
ハンチング&ナイロンジャージ姿のオッサンが大半。
競馬好きにはたまらないお店なんだろな。

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★☆(最寄り:TX・地下鉄浅草駅)
・居心地の良さ……★★☆☆☆
・また行きたい度……★★☆☆☆
・お味(ブレンド)……★★☆☆☆
いい顔のオッサン度……★★★★★

※純喫茶度(定義は別枠参照)……71%

■お店データ/東京都台東区西浅草3-1-10
      03-3844-6963

■メニュー抜粋/ブレンド:500円 
       ビール:750円  
       ナポリタン:900円








[ TB*0 | CO*6 ] page top
DATE: 2007/07/22(日)   CATEGORY: 東京/台東区
上野「珈琲 王城」
vol.023 東京・上野珈琲 王城
P1080554.jpg

西東京在住者に嫌われている街、上野
理由は、人が多い/うるさい/臭い/怖い/ガラ悪いと
散々な言われようだが(個人調べ)、
それは言い換えると「人間臭い」ってことになるのかもね。

そんな街には、いい純喫茶があるのです。何故か。
アメ横の一本トナリの通りにあるこの「王城」も
色気ムンムンでムーディーなツラ構えの店。
紫×黄の看板は、連れ込み宿を連想させてくれる。イカすぜ。

店内も、予想通りのゴゥジャスな内装。
きらびやかなシャンデリア、ピカピカのミルク入れ、
ゴブラン織りのソファーに大理石調のテーブルなど、文句のつけようナシ。
中でも、特筆すべきは店員の接客態度。
ぱりっとしたシャツを身につけたウエイターさんたちは
控えめで、かつ凛としていて素敵なのだ。すごく。
そのキリッとした感じは、「巣鴨伯爵」と良く似ている。

ゴウジャスでオープンな雰囲気の「王城」。
ベーシックだけど、「これぞ純喫茶の王道!」といった雰囲気なので
入りやすく、居心地がいい。
上野歩きで疲れたら、小休憩すべし。

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★★
          (最寄り:各線上野駅)
・居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★★
・お味(アイスコーヒー)……★★★★★
・けだるい午後度……★★★★★

※純喫茶度(定義は別枠参照)……90%

■お店データ/東京都台東区上野6-8-15
      03-3832-2863
      8:30~22:00 (無休)

■メニュー抜粋/珈琲:450円 
       ミックスサンド:650円  
       ナポリタン:750円 他

P1080578.jpg

P1080590.jpg

P1080610.jpg

P1080569.jpg

P1080612.jpg

P1080613.jpg

[ TB*0 | CO*9 ] page top
DATE: 2007/05/21(月)   CATEGORY: 東京/台東区
上野「純喫茶 丘」
vol.016 東京・上野純喫茶

P1070310.jpg


上野アメ横にある有名店。
ガード脇で、上野の変遷を見守ってきた純な名店。

まず1発目は、店の外観の渋さにやられる。
そいで2発目は、店の店内の渋さにやられる。
そいで3発目は、おばちゃんのよぼよぼっぷりに恋する。
そんでラストは、トイレの汚さに萌える。

なんせ、とっても渋くてレトロでぬるいいいお店。
詳しくは行けばわかるさ。
(私も月1ペースで通っているよ)

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:JR/各線上野駅)
・居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★★
・お味(アイスコーヒー)……★★★★☆
上野の妖怪度……★★★★★

純喫茶度(定義は別枠参照)……95%

■お店データ/台東区上野6-5-4
      03-3835-4401
      8:00~22:00(第3水曜休)

■メニュー抜粋/ブレンド:430円 
       オーラフロート:550円  
       みかんパフェ:680円
                  他

P1070314.jpg

P1070316.jpg

P1070563.jpg

P1070565.jpg

P1070568.jpg

P1070567.jpg

P1070562.jpg

[ TB*0 | CO*10 ] page top
DATE: 2007/05/10(木)   CATEGORY: 東京/台東区
推薦店◆浅草「珈琲 エノモト」
vol.013  東京・浅草「珈琲 エノモト
-------SPECIAL_PUSH!! -------



かっぱ橋の道具屋筋から浅草駅前に向かおうと
西浅草近辺をうろうろしていた日のこと。
あちこちシャッターが降りた商店街の店舗の中に
レトロなオーラを放つ喫茶店を見つけた。
P1070209.jpg


急いでいたので、一度店の前を通り過ぎた。
のに、また戻って店内を伺ったり。
初めて入る店はいつもほんの少ーしドキドキする。
入り口のガラスのタイルがかわいい。
P1070279.jpg


“COFFEE”と書かれたクラシカルな看板や“ENOMOTO”の文字、
張られたポスターやら。くんくん。純喫茶のかほりがするぞ。
P1070307.jpg


ドアを開けて、嬉しさのあまりブッ倒れるかと思ったよ。
こじんまりしたソファー、テーブル、水中花、ピンクの電話、
ヘンなかたちの窓、木彫りの若駒、ランプ……。
ここを純喫茶と呼ばずしていったい何と呼ぶのか。
奥から水森亜土タンが出てきてもあまり違和感ないかも。
入る前に感じたあのトキメキは、やっぱ間違いじゃなかったよ!

奥より入り口側を望む。
こぶりのテーブル&ソファーが10セットくらい。
広すぎず、狭すぎず。のんびりするのに最適。
個人経営タイプのお店ではいちばん好きな広さかも。
P1070283.jpg


入り口側より奥を望む。
奥のひし型窓はトイレへと続く扉。ひし型の窓って!
不思議の国のアリスと難波・湊町あたりの古いラブホでしか見たことない。
P1070298.jpg


奥より入り口側を望む。
正面のガラスが、玄関横のガラス。
通りに面している席なので、ぼーっとするのに最適。
雑誌や新聞も多少置いてあるが、
それより店内見たりおっちゃんと話すほうがおもろいと思う。
P1070301.jpg


センチメンタルでロマンチックな気分だったので、
ミルクセーキを頼んでみた。
が、風邪っぴきで鼻つまりのため、あまり味がわからず。
今度リベンジしよう。ブレンドはめっちゃうまかったけど。
あと噂では、ペリカンのパンを一斤まるまるレジ横に置いてあって
それをトーストしてくれるのがメニューにあるとか。うまそー。
(今回はメニュー撮るの忘れたために未確認)
P1070296.jpg


勘定のとき、お店のおじいちゃんが
「はいはーい。どうもね。ベリベリベリサンキュー」だって。
恋しちゃうかと思ったよ! 
建物もじいちゃんも珈琲も最高すぎて、
もうこの店のすっかりトリコになってしまったのでした。


■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★☆☆(最寄り:TX浅草駅)
・居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★★
・お味(ミルクセーキ)……★★★★★(多分。でもうまいに決まってる)
・乙女は死ぬまでに一回いってみ度……★★★★★
※純喫茶度(定義は別枠参照)……97%

■お店データ/東京都台東区西浅草2-25-11(かっぱ橋本通り沿い)
      03-3841-6594

■メニュー抜粋/ブレンド:500円 
       ミルクセーキ:650円  
                  他
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2007/05/06(日)   CATEGORY: 東京/台東区
浅草「純喫茶 マウンテン」
vol.012 東京・浅草純喫茶 マウンテン
P1070215.jpg


浅草にいく用事があったので、
ネットなどで評判の喫茶店「マウンテン」に行ってみた。

純喫茶」の冠にも関わらず、
メニューにはお好み焼き、鍋焼きうどん、カレー、やきそばなどなど
ボリュウムのあるご飯モノがわんさか
もちろん、サンドイッチやスパゲティーなど、軽めのメシ系もある。
なんでも1F→甘味処/喫茶、2F→もんじゃお好み焼き屋として営業しており、
店員のオバちゃんに言えば、1Fで出しているあんみつを2Fまで、
そして2Fで出しているお好み焼きを1Fまで持ってきてくれるのだとか。

わたしはカレーセット(珈琲付き、1,000円)を食べましたが
苦めのルーがなかなかおいしかったです。
雷門通り沿いにあるので、確かに観光客の来店も多いようですが
一見さん相手の味けない喫茶店ではなさそうです。

ただ、外の看板には「純喫茶」って書いてあったのに
端袋には「和風喫茶」ってなってました。
それでもいいんですが、こちらのオーナーの「和風」は一筋縄ではいかないらしく
店内には青空のブラインドやでっかいテディベア、インド製の巨大タペストリーなど
いろいろミックスされた感のある素敵な和風スペースでした。

あと、こちらのオーナーがCDデビューされているらしい。
(ポスターがかっこ良かったけど、写真撮るのを忘れました)

純喫茶ではないけれど、
浅草らしく、のんびりカオスなお店でした。

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:つくばエキスプレス、浅草駅)
・居心地の良さ……★★★★☆
・また行きたい度……★★★☆☆
・お味(カレーセット)……★★★★☆
・地元の連れの両親が経営するうどん屋に店内が似てる度……★★★★★

純喫茶度(定義は別枠参照)……30%

■お店データ/東京都台東区浅草1-8-2
      03-3841-0172
      11:30~23:00(無休)


■メニュー抜粋/珈琲:500円 
       クリームみつ豆:750円  
       ケーキセット:800円
                  他


P1070250.jpg

P1070248.jpg

P1070255.jpg

P1070231.jpg

P1070268.jpg

[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 純喫茶劇場. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。