漫画喫茶やシャレオツ系カフェに押され気味な純喫茶の魅力に迫ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/26(金)   CATEGORY: 東京/大田区
蒲田「珈琲屋 カフェモカ イズ」
vol.065 東京・蒲田「珈琲屋 カフェモカ イズ
P1160020.jpg

蒲田三部作の第二作目。
こちらは前回の喫茶店『東亜』で触れた
柳通り」近く、商店街「あすと」の真ん中にある喫茶店。
その名も『カフェモカ イズ』。ん、『イズ』?

お店の面構えは商店街によくある地域密着型店舗で
中に入ると、気さくな印象がさらに強くなる。

まず店員さんはおじいちゃんとおばあちゃん。
けっこうなご高齢のおふたりで、田舎に帰ってきたかのような錯覚に陥る。
しかも店内は、商店街側の窓際にテーブルがワンセット、
あとは横並びのカウンター、そして一番奥には
ボックス席(?)と言いたくなるような、
3テーブルつづきの大きなボックス型ソファーが。
地続きなので、隣に座っているこれまたご高齢のおじいちゃんとも
なんとなく会釈したりなんかしたり。

ピンクの電話だったり造花の美しさだったり
カウンター周辺のごっちゃり感だったり
その飾らない気さくな感じが非常に蒲田的。
等身大の心地よさというか、なんというか。

帰り際、店員のおじいちゃんに「素敵な店ですね」って話したら
「あんたのほうが素敵だよ」と秒速で返された。
さすが蒲田っ子は粋だわ。


■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:京急蒲田駅 徒歩1分、JR&東急蒲田駅 徒歩15分)
・居心地の良さ……★★★☆☆
・また行きたい度……★★★★☆
・お味(アイスコーヒー)……★★★☆☆
・等身大カオス度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……80%


■ お店データ/東京都東京都大田区蒲田4-16-3
        03-3739-4828
       9:00~20:00
       (火曜日定休)

■メニュー抜粋/ブレンド:400円 
       ヨーグルトサンデー:600円  
       ホットミックスサンドセット(サラダ&珈琲紅茶付き):750円
                               他

P1160049.jpg
P1160047.jpg
P1160048.jpg
P1160037.jpg
P1160040.jpg
P1160032.jpg
P1160036.jpg
P1160028.jpg


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/02/25(木)   CATEGORY: 東京/大田区
【閉店】蒲田「珈琲専門店 東亜」
vol.064 東京・蒲田「珈琲専門店 東亜」
P1150964.jpg

蒲田蒲田蒲田! 
先週末、生まれて初めてちゃんと蒲田界隈をうろうろしてきたんですが
もう、蒲田にゾッコンになりました。
ナニ、あの立派な商店街!?
ナニナニ、あの京急蒲田駅前すぐにある「柳通り」のエロ素晴らしさ!
なんでもっと早く、ちゃんと蒲田にこなかったんだろう……
もうそれが今は残念で残念でなりません。

ということで約半日の間に三件、喫茶店を回ってきたので
今回からは三回連続で蒲田特集でお送りしたいと思います。
名付けて『蒲田三部作』。

一回目の今回は、さっきも書いたんですが
超シブい京急蒲田駅から徒歩1分にあるこのお店。
この『東亜』さんの界隈には未だ昭和の色街臭がぷんぷんする
「柳通り」があり、これが実にシブい。
花柳界を思わせるカフェー建築を利用した飲屋街があり
昭和へ脚を踏み入れてしまったのような激しい錯覚に襲われること確実。
スナックの他には、世界遺産級にシブくて小さなラブホや
縄のれん系居酒屋、小料理屋などがわんさか。

その柳通りより一本南側にあり
京急蒲田駅よりまっすぐに伸びている商店街が「あすと」。
で、その「あすと」の端っこにあるのが、この『東亜』。
柳通りのアダルティーな雰囲気とは異なり
可憐で凛とした印象である。

店内に入ると、20代でメガネのカッコいい店員さんが
二階へと案内してくれた。
非常に好感が持てます。ええ、完璧に個人の趣味ですけど。
で、着席。店内は静かで、カップをソーサーに置く音くらいしか聞こえない。
山小屋meetsゴージャスな雰囲気は、
アットホームで、思わずほっこり。

純喫茶と一口に言っても店ごとにいろんなタイプがあるけど
この店では文庫本を片手に珈琲を飲みたい感じ。
北欧好きの文系女子な常連さんが多そう。

「東亜」はチェーン系だと昔教えてもらったことがあって
実はあんまり期待していなかったのだけど
これはいい。すごくいい。
コーヒーはおいしいし、安いし、雰囲気はいいし。
他の「東亜」チェーンも行ってみたくなりました。


■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:京急蒲田駅 徒歩1分、JR&東急線蒲田駅 徒歩15分)
・居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★☆
・お味(カフェクイーン)……★★★★☆
・文系女子はみんな大好き!度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……90%

■ お店データ/東京都大田区蒲田4-14-7
        03-3735-7162
       8:30~21:30(平日)、10:00~20:30(日・祝)

■メニュー抜粋/ゴールデンブレンド:400円 
        カフェクイーン(バニラシェイクベース):580円  
        フルーティーヨーグルトセット:780円
                              他

P1150974.jpg
P1150985.jpg
P1150975.jpg
P1150980.jpg
P1150985.jpg
P1150994.jpg
P1150996.jpg
P1160002.jpg
P1160009.jpg
P1150989.jpg
P1160011.jpg
P1160005.jpg
P1160012.jpg
P1160013.jpg
P1160014.jpg


つづきを表示
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2010/02/23(火)   CATEGORY: 東京/新宿区
新宿御苑「珈琲家族 新宿本店」
vol.063 東京・新宿御苑珈琲家族 新宿本店

R0018849.jpg

仕事の都合で、一時期、新宿御苑には毎週のように通っていた。

新宿や二丁目&三丁目とほど近いこのあたりはにぎやかなエリアで
たくさんの飲食店や事務所でにぎわっている。
従って、昔ながらの純喫茶というものも少ない。

そんな目抜き通りで頑張っているのが「珈琲家族」。
なんともいいネーミングじゃないですか。珈琲、家族。

店内はこざっぱりとした、落ち着いた印象で
緑色の革の椅子がかわいらしい感じ。
マスターはカウンターの中で黙々と作業を続けている。
煎れたての珈琲の香りに心が安らぐ。

コロンビア、ブラジル、ガデマラ、モカ
マンデリン、キリマンジャロ、コスタリカ、ジャバロフスキーなど
ホットコーヒーひとつとってもこの種類の多さ。

道一つ挟んで某シアトル系カフェが鎮座しているけど
こっちのほうが絶対おいしい!
が、日&祝日はお休みなので要注意。
平日の仕事の打ち合わせはココでやりたい感じです。

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★★(最寄り:地下鉄新宿御苑駅 徒歩1分)
・居心地の良さ……★★★☆☆
・また行きたい度……★★★☆☆
・お味(ミックスサンド、アイスコーヒー)……★★★☆☆
・仕事の打ち合わせならココ度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……80%

■お店データ/東京都新宿区新宿2-1-13-1F
       03-3352-3030
       07:00~19:30(平日)、07:00~18:30(土曜)
       (日・祝定休)

■メニュー抜粋/ホット:400円 
        アイスコーヒー:420円  
        コーヒーフロート:420円
                  他

R0018850.jpg
R0018852.jpg
R0018853.jpg
R0018854.jpg
R0018856.jpg
R0018858.jpg





[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2010/02/22(月)   CATEGORY: 東京/北区
赤羽「純喫茶 Dear(デア)」
vol.062 東京・赤羽「純喫茶 Dearデアー)」
IMG_0560.jpg


東京に住んでけっこう経つし、しかも北&東東京は大好物なのに
なぜか赤羽にちゃんと遊びにいったことがなかった。

で、ついこの前行ってみたらドンバマり。
駅裏の飲屋街とか、薄暗い商店街とか
まさしく昭和がそこには広がっていた。

今回の「純喫茶 デアー」は
メインの大きな商店街の2Fにある
めずらしい作りの喫茶店。
階段をのぼるうちに、みるみる昭和に近づいていく。
店内はけっこう広いのだが
外から見ると、商店街の構造上の問題なのか
やけに2F店舗の天井が低いように見える。
が、実際にはそんなことはない。

こじんまりした、しかしふかふかのソファーに座る。
夕ご飯どきだからか誰もおらず広々とした店内。
外の喧噪はまったく嘘のよう。

いいな、赤羽
すっかりこの街のトリコになりました。


■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:各線赤羽駅 徒歩5分)
・居心地の良さ……★★★★☆
・また行きたい度……★★★☆☆
・お味(カレーセット)……★★★☆☆
・なんだか不思議な構造度……★★★★★

※ 純喫茶度(定義は別枠参照)……81%

■お店データ/東京都北区赤羽2-1-18-2F
       03-3902-7748
       8:00~ 22:00(年中無休)
 

■メニュー抜粋/ブレンド:400円 
        生ジュース(オレンジ):500円  
        ミックスサンド:600円

                  他

IMG_0566.jpg
IMG_0565.jpg
IMG_0574.jpg
IMG_0583.jpg
IMG_0582.jpg
IMG_0590.jpg
IMG_0588.jpg
IMG_0587.jpg
IMG_0596.jpg



[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2010/02/12(金)   CATEGORY: 東京/台東区
上野「喫茶 マーブル」
vol.061 東京・上野「喫茶 マーブル
R0019043.jpg

毎度おなじみの上野
過去にとりあげたように駅周辺をざっと見回しても、
いまだ昭和の香りがぷんぷんする名純喫茶が頑張っているエリアでもある。
(「COFFEE ギャラン」、「珈琲 王城」、「純喫茶 丘」)

ひとくちに上野と言っても、JR上野駅を中心として
根津方面に向かうと国立博物館寛永寺上野動物園、東京藝大に不忍池など
緑や史蹟の多い閑静なエリア。
逆に線路沿いに南下して御徒町方面に向かうと
韓国中国台湾果てはインドまで、リトルアジア圏が形成されていて
独特の熱気を感じさせる街になっている。
そんなアメ横内の商店街、「上中(うえちゅん)」通りを
入ってすぐにある喫茶店がコチラの「喫茶 マーブル」。

地下1階にあるので店内の様子がわからず身構えることは多々あれど
このお店はそんな心配は無用。
明るくてハキハキとしたママが優しく出迎えてくれる。

ざっと見回してみると、店内は約50席弱。
ラタンとレンガが印象的なインテリアたちが
どことなしか西海岸の風を運んでくれている気もする。
お昼どきだったからか、周りのお客さんの食べているものを見ていると
カレーにパスタにグラタンに、どれもみんなおいしそう。
雑誌や新聞各種、漫画もどっさり完備していて
外と同じく、お店の中でもがやがやと歓談しているお客さんが多数。

アジア丸出しなエリアはとっても刺激的でパワフルで大好きなんだけど
ずーっとぐるぐる歩いていると、その勢いにヤられてしまうことがある。
(単にアメ横は人が多いという理由で疲れるってのもあるけど)
このお店も外と同じくガヤガヤしていて
「さすがはアメ横!」って感じなんだけど
それがBGMになっちゃう程度に適度で居心地がよく、
その猥雑さえ魅力に感じられる。

そして家庭的なテイストのドライカレーを食べながら
漫画「タッチ」のヒロイン、浅倉南の実家「喫茶 南風」って
確かこんな感じの店構えじゃなかったっけなぁと思ってみたのでした。

アメ横歩きに疲れたら入ってみるといいかも。

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:各線上野駅、JR御徒町駅 徒歩5分)
・居心地の良さ……★★☆☆☆
・また行きたい度……★★★☆☆
・お味(カレーセット)……★★★☆☆
アメ横度……★★★★★

※純喫茶度(定義は別枠参照)……53%

■お店データ/東京都台東区上野4-9-15-B1F
       03-3831-7977
       10:30~ 21:00(第3水曜定休)
 

■メニュー抜粋/珈琲:520円 
       アイスコーヒー:570円  
       アイスオーレ:570円
                  他

R0019042.jpg
R0019039.jpg
R0019040.jpg
R0019027.jpg
R0019025.jpg
R0019034.jpg
R0019029.jpg
R0019031.jpg

[ TB*0 | CO*6 ] page top
DATE: 2010/02/10(水)   CATEGORY: 関西エリア
推薦店◆大阪・梅田「マヅラ喫茶店」
vol.060 大阪・梅田「マヅラ喫茶店」
---------SPECIAL_PUSH!! ----------

関西在住の喫茶店好きなら知らないものはいないであろう老舗中の老舗。
そして、私の純喫茶巡礼の原点とも言える店。
同じ大阪市内でも、前にご紹介した『三輪』が
「クラシックなラウンジ系」とすれば
今回の『マヅラ』は「サイケなレトロフューチャー系」!
大阪ならではの破壊力を備えた出で立ちは
「純喫茶ならココ!」と喫茶ファンをトリコにして止まないのであります。
P1140920.jpg

そんな『マヅラ』は、
各線大阪&梅田駅や地下鉄西梅田駅、北新地駅を出てすぐの
サラリーマンたちのオェイシス、大阪駅前第1ビルの地下一階にあります。
パチンコ屋、金券ショップ、カメラ屋、飲み屋(あとなぜかレコード屋)が
軒を連ねる様子は、東京新橋にある新橋駅前ビルと雰囲気が似ているかも。
ちなみに、地下鉄西梅田&北新地駅からは目と鼻の先。
ただし大阪駅前ビルは第1~第4まであり、
いづれも見た目がほぼ同じなのでお間違えなきよう。

個人的な話、学生時代にこのあたりの学校に通っていた時期があって
「なんかすげー店だなー」とぼんやりとは思ってたんですが
でも、当時はそんなに特別だと思わずスルーしていました。
で、しばらくの時間が流れて、気づけばそんな店は残っていなかったので
改めてその存在の大きさを再確認した次第であります。
なんか、別れた男に対する未練がましい言い訳みたい。だけど。

で、盆や正月など実家に帰省するタイミングを見計らって
マヅラに行きたいがために梅田まで出ていたのだけど
駅前第1ビルってオフィス向けの店が多いため、
いつ行ってもマヅラは開いていなかった……。
この記事参照)

で、今回は普通の土日を利用して帰ったときに突撃。
よかった~。開いてた。
P1140912.jpg


とりあえず中に入ってみよう。
とにかく敷地が広くて、入り口にたどり着くまでさえ遠い!
P1140906.jpg


正面入り口ではジョニーウォーカー様がお出迎え。
デカイんだこれが。
P1140907.jpg
P1140908.jpg


ぬおー、久々にキた~!
100坪あるらしい果てしなく広がるスペイシーフロア!
本気100%のミッドセンチュリーモダンなインテリア!!
お姉さんたちが横に座ってくれおすなラウンジ具合!!!
店内に一歩足を踏み入れた瞬間、
高度経済成長丸出しの意匠が怒濤のように襲いかかります。
P1140917.jpg
P1140919.jpg

ビシッと蝶ネクタイを締めた店員さんに誘導されて、
おずおずと二人掛けのテーブルへ。
フロア中央部にあるスーパースペイシーシート(と勝手に命名)にも
希望すれば座ることができるのですが、
その際はテーブルチャージを払わなければいけません。
4人用テーブルを1人で使用した場合はチャージ500円、3人用では300円。
チャージを払いたくない場合は、店員さんに任せましょう。
P1140921.jpg
P1140915.jpg



それにしても広いです。座席数は約200。
ただでさえこの敷地なのに、あらゆるところに鏡を使っているので
フロアの端がどこなのがが既にわからない状態に。
まさにこれはミクロコスモ
P1140918.jpg

私はアイスクリームコーヒー(400円)を頼むことにします。
アイスがのっかって400円だなんてベローチェばりの安さですが
なんとブレンドは250円。
この駅前の一等地で、この広さでこのインテリアで、250円。
嬉しい限りのお値段です。
P1140926.jpg
P1140932.jpg


「(場合により)チャージの必要な店」というと
ちょっと敷居が高いかのように思えますが
そんな心配はまったく必要ナシ。
サラリーマンの方々はもちろん、
パチンコ屋のお客さんから学生風の人、関西のオバちゃんまで
幅広い方々がフツーに利用してます。
P1140923.jpg

しかもここでパーティーもできるそうです。
注文票によると『4~5人のパーティでも特別の席を作ります。
よい雰囲気とセンス、そして安いことで喜ばれています』とのこと。
センスは見ての通りですが、
値段にも言及するなんてさすがは商売人の街!
でもせっかくやるなら貸し切り&大人数でやってみたいです。
誰か結婚パーティー、ここでやってくれないかな……。

「コーヒー並の値段」の『ジョニ赤350円』や
「味と量と器で勝負する」『料理500円前後』に
次回はチャレンジしてみたいと思います。
P1140931.jpg


大阪のサイケデリックな側面を詰め込んで
コトコト弱火で煮込んだようなこのお店。
開店は駅前ビルと同時ということなので、
1970年4月。大阪万博と同い年です。
聞けば、司馬遼太郎もよく通っていたとのこと。
よくぞ当時のままの姿で今まで残っていてくれていた……。
そう感謝したくなります。
もし今後立ち退き問題なんぞが浮上してきたら、
全力でマヅラ側について応援します!
新宿ルミネと立ち退き問題で争っている
ビール屋『ベルク』サイドのように!

今回は行けなかったので、次回は同じビルにある姉妹店『kings of kings』にも行ってみようかと。
こちらもヤバそうです。

■超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★★
(最寄り:JR東西線北新地駅&地下鉄西梅田駅 徒歩3分
     JR大阪駅&地下鉄梅田駅 徒歩5分)
・ 居心地の良さ……★★★★★
・また行きたい度……★★★★★
・お味(アイスクリームコーヒー)……★★★☆☆
・天下無双の純喫茶度……★★★★★
※純喫茶度(定義は別枠参照)……100%

■お店データ/大阪府大阪市北区梅田1-3-1 駅前第一ビルB1F
        06-6345-3400
        9:00~23:00
       日曜祝日/定休

■メニュー抜粋/ブレンド:250円 
        アイスクリームコーヒー: 400円
       フルーツパフェ:550円 
                  他
[ TB*1 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/02/09(火)   CATEGORY: 東京/墨田区
曳舟「喫茶と軽食 DAN(暖)」
vol.059 東京・曳舟「喫茶と軽食 DAN(暖)」
P1130550.jpg

2012年、「スカイツリー」、すなわち第2東京タワーができる。
正確には押上界隈(最寄り駅は各線押上駅or業平橋)なんだけど
ガヤガヤっとした東東京にしゅっとした安藤忠雄デザインの塔が建つなんて
これはもう本当に嬉しい。
地元民からすると、見物客がウザイだの電車が混むなんていう
弊害もあるかもしれないけど、
同じ東東京民としては、もっと東京東部が注目されてもいいのにって
つねづね思っていたので、ほんとにほんとに嬉しい。

で、いてもたってもいられなくなり
まだまだ工事中のスカイツリー見学をしに
曳舟~東向島界隈を散歩していたときのこと。
曳舟駅から見てタワーとは反対側方面もぶらぶらしていたら
とってもナイスな喫茶店を発見した。
地蔵坂通りの入り口の角にある喫茶店「暖(DAN)」。

店の扉を開けても誰もいなくって
「すみませ~ん」と声をかけると奥からおじさんが出てきてくれた。
椅子やテーブルには、雑誌や日用品がちょいちょい。
店の中には招き猫やら、どこかのタペストリーやらが
実家の応接室のように所狭しと飾ってある。
この店の端々にマスターであるおじさんの生き様が
ちょいちょいにじみ出ている気さえしてくる。
あぁ、この気取らなさがたまんなく素敵。

アイスコーヒーが入っていたグラスも
ぽってりしていてとってもカワイイ。
最近、こういう感じのグラスって見かけないなぁ。

気取らない店でエネルギーを充填してもらい
また散歩を再開したのでありました。

P1130549.jpg
P1130533.jpg
P1130537.jpg
P1130534.jpg
P1130540.jpg
P1130541.jpg
P1130543.jpg
P1130545.jpg
IMG_0538.jpg


■ 超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★☆☆☆(最寄り:東武伊勢崎線曳舟駅 徒歩5分、東向島駅 徒歩10分)
・居心地の良さ……★★★☆☆
・また行きたい度……★★★☆☆
・お味(アイスコーヒー)……★★★☆☆
・下町のオアシス度……★★★★★

※純喫茶度(定義は別枠参照)……62%

■お店 データ/東京都墨田区東向島1-35-7
        9:00~21:00


■メニュー抜粋/アイスコーヒー:450円 
        ミックスサンド:550円  
        エビピラフ:600円
                    他
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/02/08(月)   CATEGORY: 東京/港区
新橋「純喫茶 フジ」
vol.058 東京・新橋「純喫茶 フジ
R0018176.jpg

サラリーマンのおじさんにスタバなんて似合わない。
例えばそれが外資系のイケイケIT系だったら100歩譲ってもいけど
油ギッシュなおじさんがホットのキャラメルマキアート
ふぅふぅ冷ましながら両手で飲んでいた日にゃあ、
イラッを通り越して虫酸が走る。
えぇ、もちろん100%偏見です。すみません。

でも、とくに新橋なんていうサラリーマン天国でコーヒー飲むなら
サテン、すなわち喫茶店に入らなくてどうするんだよ、と思っちゃう。
サラリーマンのおじさんっていうものは
純喫茶で週刊大衆か東スポを読みながら
シュートホープかわかばをスパスパ吸いながら
冬でも冷コ(アイスコーヒー)を飲む生き物だと都条例で決まっているんです。
もちろん嘘ですけど。
でも、生き馬の目を抜くような企業戦士たちを癒すのは
チェーン展開してコーポレートアイデンティティとかばっちりな珈琲屋よりも
純喫茶であって欲しいわけなんです。

で、そんな渋いおじさんたちに会える喫茶店が
新橋駅の目の前にあるニュー新橋ビルB1F「フジ」。
烏森口からすぐの場所にあるこのビルは
ゲーセンあり、飲み屋あり、宝くじ売り場あり中国的小娘のマッサージ屋ありと
おじさんたちの欲望を詰め込んだパラダイスのようなビルで、
その地下一階に「フジ」はあるとのこと。
なのでちょっと暗い怪しげな感じの店かと思いきや、
店の壁一面には富士山のでっかいパネルがあって、むしろなんだかオシャレ。
店内も100席弱あり広々としていますが、装飾はミニマムな印象です。

最近ではドトールに押されているけれど
いまだおじさんたちのオアシスは健在なのでありました。

R0018178.jpg
R0018180.jpg
R0018188.jpg
R0018184.jpg
R0018202.jpg
R0018208.jpg



■ 超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★★(最寄り:JR新橋駅 徒歩1分)
・居心地の良さ……★★★★☆
・また行きたい度……★★★☆☆
・お味(チキンライスセット)……★★★☆☆
サラリーマン度……★★★★★

※純喫茶度(定義は別枠参照)……81%

■お店データ/東京都港区新橋2-16-1-B1F 25
       03-3580-8381
       http://www.shinbashi.net/shop/202149
       8:00~22:00
       日・祝定休

■メニュー抜粋/ブレンド:450円 
        セットメニュー:1,000円  
        ミックスサンドセット:900円
                      他
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/02/05(金)   CATEGORY: 東京/台東区
下谷「喫茶室 朝顔」
vol.057 東京・下谷喫茶室 朝顔

R0018599.jpg

vol.56でご紹介した「珈琲 デン」の帰り。
デンで食べ過ぎたので腹ごなしに……と
言問通りを鶯谷駅から下谷方面へと歩いてみた。

そしたら昭和通りとの大きな交差点の角に
偶然にも渋い感じの喫茶店発見!

……と思いきや、人気がない。
嫌な予感がしてドアの張り紙を見てみると、
案の定「閉店のお知らせ」が。
一足間に合いませんでした。ほんっとに残念。

このあたりは「下谷朝顔市」でもおなじみのエリアなので
かつては繁盛したんだろうにな……
ちょっとせつなくなってとぼとぼ帰ったのでした。


■お店データ/東京都台東区下谷1-11-7

R0018594.jpg

R0018596.jpg

R0018598.jpg

R0018597.jpg

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/02/05(金)   CATEGORY: 東京/台東区
鴬谷「珈琲 デン」
vol.056 東京・鴬谷「喫茶 デン

R0018620.jpg

久しぶりに大好きな鴬谷にやってきた。
……といっても男と女のラブゲーム的な用事があったわけでは決してなく
根岸にある豆腐料理屋「笹乃雪」さんで昼ご飯を食べた帰りに
なんとなくぶらぶらっと界隈をうろうろしていただけだけど。

で、見つけてしまったのがこの「デン」。

喫茶店好きには「エビグラタンパン」とか「巨大プリン」等で知られる有名なお店なんだけど
店のたたずまいは、ごくこじんまり。
このちんまりした存在感は、すごく好み。

で注文したのは、やっぱり「エビグラタンパン」。
一斤くらいはありそうな巨大食パンの中身をくりぬいて
そこにグラタンを詰めたという、聞くだけで垂涎モノなのでした。
……で、このパワーフード具合がすごい。
昼にこれ食べれば、夜10時くらいまで満腹な感じの破壊力で
さっき食べたランチも相まってか、腹の中は爆発寸前に。
でも、めちゃおいしいので食べてしまう……。
というスパイラルに陥って、あとで「食べ過ぎた」ということにならないよう
おなかはぺこぺこにして行くのが正しいと思います!

夕方くらいに行ったのだけど
お店は常連さんっぽい人でいっぱいで
かなり和気あいあいなムード。
地元のお客さんに愛されているって感じがして
すごくすごくいい感じでした。

私も地元に帰ることになったら、こんな店持ちたいです……。


■ 超個人的お店の採点(★5個で満点)
・アクセスの良さ……★★★★☆(最寄り:JR鴬谷駅 徒歩5分)
・居心地の良さ……★★★☆☆
・また行きたい度……★★★★☆
・お味(コーヒー、エビグラタンパン)……★★★★☆
・うらやましい度……★★★★★

※純喫茶度(定義は別枠参照)……79%

■お店データ/東京都台東区根岸3-3-18
       03-3875-3009
       月~金/9:00~22:00
       土日祝/9:00~19:00
不定休

■メニュー抜粋/ブレンド:400円 
        グラパン(エビORハム):850円  
        グラパンセット(ドリンク付き):980円
                      他
R0018605.jpg

R0018604.jpg

R0018618.jpg
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/02/05(金)   CATEGORY: その他
ごめんなさい
気づいたら前の更新から一年弱たってました。
この前も「これからはまじめに更新します」って誓ったばかりだったのに
これじゃぁ「更新するする詐欺」ですね。

読んでくださっている方々、ほんっとに不真面目ですみません。

なんですけど、いろんな方から
「あの店つぶれたよ」「某チェーンになってたよ」なんて
どんどん喫茶店がつぶれていく現状をずっと耳にしてて
このままじゃぁいけない、と
頼まれてもいないのに変な正義感を出して
再び、ぽちぽち更新していこうと思います。

気が向いたらまた読んでやってください。
よろしくお願いします。

今年の目標は、ブログ本を出すことです!(嘘
[ TB*0 | CO*4 ] page top
Copyright © 純喫茶劇場. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。